今まで乗り継いだ車の思い出

免許を取って依頼、仕事の関係や、内装、装備の充実さからトヨタ車を乗り継いできた、最初の車はマークⅡ、直6、2000ccエンジンにマニアルミッションを選んだ、営業からはオートマが支流になりつつあり運転も楽ですよと進められたが、運転を楽しむのはマニアルだと押し通した、特に故障もなく10万Km乗り、子供が大きくなりワンボックス車へと乗り継いだ、二代目はやはりトヨタのマスターエース、燃料費削減を目的に、ディーゼルターボ、四輪駆動の最上グレード、ハイルーフのパノラマミックルーフ、を選んだ、家族を乗せ、スキー場や、キャンプ場など、車内で寝泊りしながら、よく遠出をした。

走行距離も8万Km乗り、三台目に乗り継いだ、たぶん最後の乗り換えと思い選んだのは、色々検討した結果同じタイプのライトエース ノア最上クレードフルタイム四駆、ツインムーンルーフ、7人乗り、セカンドシートはキャプテンシートをチョイスした、エンジンは耐久性も考え、2000ccディーゼルターボにしたが、この選択が後々、大変な事態と展開した、昨今の環境問題でディーゼル規制なるものが制定され、8都市県で排ガスの基準に合わないものは10年目の車検以降浄化装置を取り付けるなとしないと継続検査が受けれないこととなった、我が家も対象の地域で在るとディーラーより連絡があり、乗っていた車の装備や、乗りやすさやシート形状の同じタイプの車種が見つからず、色々と対策を考えた、同タイプガソリン車の中古車を探したが程度の良いものが見つからず、究極ガソリンエンジンに乗せかえるまで考えたが現実的でないと、家族から反対され泣く泣く手放すこととなった、車事態を無くすことが出来なかったので、知り合いから不要となった車を譲り受けた、これが始めて中古のFF車であった。

家族がメーカー系の販売会社に就職し、車の購入が必要となり初めてトヨタ車以外の新車購入となり今に至っている。
今まで新車で購入した車はほぼ乗りつぶし状態で乗り継いできていた、現在乗っている車も、5年経過した所ですでに8万Kmを越えてしまったが暫くは乗り換えるつもりはない、このまま乗り続け20万Kmを目指してみたい。
車査定無料

車を売るには適した時期があるらしい

先日車を売ろうと思っているんだというのをちょっと口に出したら、友人に少し待ったほうが良いのではないかということをいわれました。
車を売るタイミングに早いも遅いもないと私は思ったのですが、友人によれば非常に重要な問題なのだそうです。

車には新生活前だったり免許の取得が増える頃だったり、需要が高まる時というのがあるので、その少し前に売却するようにすれば高値になりやすいとの事でしたね。
またオープンカーやオフロードカーなど、季節に左右される車もあるので、タイミングは十分に考えた方が得なのだそうです。
車売却はタイミングが大事なので、こちらのサイトで勉強しましょう。

しかし機会を待ちすぎると車検が切れてしまったり、モデルチェンジ者が出てしまったりして大幅に価値を下げることにもなりかねないので、要は頃合を見ることが大切ということでしたね。
私は車のことにあまり詳しくないので、需要だったり人気の時期だったりはよくわからないのですが、友人の言うとおりできる限り考えながら買い取りを行ってみようと思いました。